■2010年02月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOG LANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ

■鼻水俳優

一緒に住み始めて、ぽちが意外に少食だということに気づいた。
以前外食をしたときなんかは食い切れないほどの大盛をしょっちゅう頼んで
見てるこっちが苦しくなってくるような食べ方をしてたので
大食いだなぁ、と思っていたのだけど。
アタシのほうが食ってる気がする。
201013
身長差25cm、体重差25kg(くらい?)
両者200gパスタを完食。アタシのほうが先に食い終わってた……。
普通一人分は100gなんだって!☆えへヾ(*´∀`*)ノ

ぽちに劇に連れて行ってもらいました。
つかこうへい飛龍伝
劇場に着くまで何を見るのかさっぱり分からなかったのですけど、
\( ´▽`)ノ*わーい黒木メイサだぁ。
予備知識ナシに見始めたのですけど、
前半、要らない。後半だけでおk。
ストーリィがない。どこを楽しんでいいのか分からない。
現実の人物を基にしてるようなんだけど、
誰と誰が実在したのか、誰はオリジナルの役なのか、
今はいつなのか、どこなのか、彼らは何をしたいのか
何ができるのか、何者なのか、
ジョークなのかマジなのか、
さっぱりさっぱり分からない!!
重い題材を茶化しすぎて意味不明になってしまってるよう。
ジャ●ーズとかお笑い芸人たちでホモ漫画描いてる同人誌みたいな感じ。
60年安保を知っていたら印象は違っただろうか。
どうだろう、それはあんまり関係ない気がする。
黒木メイサ演じる神林美智子という役の基になった
樺美智子、そして学生闘争には興味が沸いたけど
それは現実の過去の事で、飛龍伝のなかで作り上げられた
なんだかわからないものではなくて。
「こんなものが評価されてるのか…」
っていうのが感想。
見所としては徳重聡の演技。
しゃべるしゃべる、さらにしゃべる、長台詞。
それも全力。血管切れそう。
汗だく、唾とぶ、鼻水たれる。
一人だけ真剣すぎて浮くくらい。
鼻水たらす俳優が好き。本気じゃわー、って思う。
あとは矢部太郎。最初見たとき「え?!」って思ったけど
役に対して大きすぎずしょぼすぎず、
カチッとハマる感じで好感がもてた。
あと、渋谷亜希。リリィ姉さん!!!カッコよす!!
ポールダンスもいやらしすぎずすごくステキだったし、
大勢で踊りまくるシーンは
前線のメイサとかじゃなくってリリィ姉さんをずっと追ってました。
キレが違うんじゃな。
メイサとか踊りがもっさりもっさりに見えちゃうんだもん。
つかこうへいでは感動できませんでしたが、
社長が言うにはライオンキングは感動するらしいよ。
BLOG LANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

jun

Author:jun
 
イラストとか描いてます。

↓画像置き場などはこちらから
UNDer the watER

↓以前の日記はこちらから
2009年5月まで日記


↓こしょこしょ話はこちらから
junにメッセージを送る






↓↓選択制夫婦別姓の↓↓
↓法制化を目指しましょう↓


カテゴリ



検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。