■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOG LANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ

■ベスト2……だった

日本文理。
すごい!ベスト2だけでもすごいのに
あの最後の粘りがすごい!!
「あー、コレもー無理ー」
って見てるこっちがあきらめたのに、
最後まで精一杯やってくれて、ものすごい感動。

県岐阜商と闘ってたとき、
最後の回で県岐阜商がやっとで1塁に出た。
ものすごい負け点差がついていたのに
やっとの思いで塁に出た選手は
あまりのことで震えながらしゃくりあげていた。

ソレを見て
「あー、今はこんなに感動して、全身全霊をかけて、
さわやかで青春まっさかりだけど、
プロ入りに失敗して、就職に失敗して、
自暴自棄になって犯罪起こして、

じゃなかったらテキトーなサラリーマンになって
仕事のストレスに追われて運動もしなくなり
ぶくぶく太って、まさかの肥満とかになるんだろうな」
なんて思ってたのですが。

負けてマウンドの砂を集める県岐阜商の選手たちに
ガン寄りで迫るカメラマンに「きもちわる…」と思い、
そんなふうに撮られている選手たちがそれぞれ
「えっ…砂ってどんだけ入れればいいの?これぐらい?
もっと?まだ入れるの?もういいかな、えーまだー?」
という心の叫びが聞こえるような表情を見ていました。

まあ、そんな感じの準決勝だったのですが。

決勝は、ほんとに良かった!
もう負けると思ったところからの立ち上がり。
最後に魅せてくれて、ホント楽しかったし興奮した。
前にも書きましたが、アタシ野球そんなにすきでもないので、
こんなにじっくり見たのはじめてかも。
そして、負けた日本文理の選手が
ものすごい笑顔でさわやかで
「あー楽しかったー!!やりとげたー!!」
って感じがすごい良かったです。

あんまり手に汗握って見てたので(それも立ったまま)
夕方にはグッタリしてました。
年寄りには堪える試合だったよ。

日本文理、感動をありがとう☆

試合中
関川に誰も人居ないんじゃねん」
と話していました(笑)
スポンサーサイト

BLOG LANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

jun

Author:jun
 
イラストとか描いてます。

↓画像置き場などはこちらから
UNDer the watER

↓以前の日記はこちらから
2009年5月まで日記


↓こしょこしょ話はこちらから
junにメッセージを送る






↓↓選択制夫婦別姓の↓↓
↓法制化を目指しましょう↓


カテゴリ



検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。